【毎日更新!】ビール・発泡酒の通販おすすめランキング!アマゾンの取扱商品を独自の手法でランキングしてご紹介!

ビール・発泡酒・新ジャンル(第3のビール)は定期的に購入するものです。
忘れないうちに、ぜひ「お気に入り(ブックマーク)」への登録をお願いします。

ビール・発泡酒・新ジャンル(第3のビール)のおすすめランキング

人気と価格の2つの要素でランキング!毎日更新中!
ここでは主に350ml(250ml)缶を扱っています。
※まれにビール・発泡酒・新ジャンル(第3のビール)の種別が誤っている場合がありますのでご注意ください。

人気のビールが知りたい!

本日のビール人気ランキングはこちら!

人気の発泡酒・新ジャンル(第3のビール)が知りたい!

本日の発泡酒・新ジャンル(第3のビール)人気ランキングはこちら!

価格が安い、お得なビールが知りたい!

本日のビール価格ランキングはこちら!

価格が安い、お得な発泡酒・新ジャンル(第3のビール)が知りたい!

本日の発泡酒・新ジャンル(第3のビール)価格ランキングはこちら!

ビールの価格の変動が知りたい!

ビールの過去3ヶ月の価格変動はこちら!

発泡酒・新ジャンル(第3のビール)の価格の変動が知りたい!

発泡酒・新ジャンル(第3のビール)の過去3ヶ月の価格変動はこちら!

本日のビール人気ランキング!

第1位

該当する商品がみつかりませんでした。

第2位

該当する商品がみつかりませんでした。

第3位

該当する商品がみつかりませんでした。

本日の発泡酒・新ジャンル(第3のビール)人気ランキング!

第1位

該当する商品がみつかりませんでした。

第2位

該当する商品がみつかりませんでした。

第3位

該当する商品がみつかりませんでした。

本日のビール価格ランキング!

第1位

該当する商品がみつかりませんでした。

第2位

該当する商品がみつかりませんでした。

第3位

該当する商品がみつかりませんでした。

ビールの過去3ヶ月の価格変動(価格推移)

Now Loading ...

本日の発泡酒・新ジャンル(第3のビール)価格ランキング!

第1位

該当する商品がみつかりませんでした。

第2位

該当する商品がみつかりませんでした。

第3位

該当する商品がみつかりませんでした。

発泡酒・新ジャンル(第3のビール)の過去3ヶ月の価格変動(価格推移)

Now Loading ...

ワンポイントアドバイス

ビール・発泡酒・新ジャンルはまとめ買いがおすすめ!

 飲みたいときにきらしている…… 考えたくないですよね(笑) ぜひまとめ買いしておきましょう。

ビール・発泡酒・新ジャンルは通販がおすすめ!

 まとめて買いたくても重くてたいへん…… そこで通販を上手に利用しましょう。

ビールに関するマメ知識

「ビール?発泡酒?新ジャンル? ……いったい何が違うの?」

 ランキングがビールと発泡酒、新ジャンル(第3のビール)と分かれているけど何が違うの? 誰が決めてるの?

(答え)酒税法上の分類の違いである
 酒税法上の分類における発泡性酒類には次の3種類があります。
 ・ビール
 ・発泡酒
 ・その他の発泡性酒類(アルコールが10度未満で発泡性を有するもの。この定義に当たるものは全て該当)

 そして酒税法は法律ですから、国が決めているということになりますね。

「ビールと発泡酒、新ジャンルの価格の違いってどこからくるの?」

 価格ランキングを見ると販売価格がだいぶ違います。
 この差はどこからくるのでしょうか……さっそく調べてみました!

(答え)税率の違いが大きいようです
 ビールと発泡酒、新ジャンルの違いが、酒税法上の分類の違いであることは前述のとおりですが、酒税法で定められている1キロリットル当たりの税率(税額)は、それぞれ次のとおりとなっています。(2016年2月現在)
 ・ビール → 220,000円
 ・発泡酒 → 220,000円/178,125円/134,250円(麦芽比率、アルコール分によって3段階)
 ・その他の発泡性酒類 →  80,000円

 上の税率を1缶(350mL)当たりの税額に換算すると……
 ・ビール → 77円
 ・発泡酒 → 77円/62.3円/47.0円
 ・その他の発泡性酒類 → 28円

 販売価格から計算すると、税金が3割から5割程度を占めることになりますが、なんと!ビールの税額と新ジャンルの税額では、1缶当たり2倍以上!も違うのですね。
 これは大きな差ですね……。

「生ビールの生(なま)って何ですか?」

 「ビールの表示に関する公正競争規約」に次の記載がありました。

ラガービール

貯蔵工程で熟成させたビールでなければラガービールと表示してはならない。

生ビール及びドラフトビール

熱による処理(パストリゼーション)をしないビールでなければ、生ビール又はドラフトビールと表示してはならない。

黒ビール及びブラックビール

濃色の麦芽を原料の一部に用いた色の濃いビールでなければ、黒ビール又はブラックビールと表示してはならない。

スタウト

濃色の麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いビールでなければ、スタウトと表示してはならない。

 つまり、発酵後の熟成されたビールに残る生きた酵母を熱による処理をしないものを「生ビール」と呼ぶそうです。 「生ビール」は熱の影響を受けないため、ビール本来の新鮮さが失われることなく、豊かな味わいを楽しむことができるとのこと。(サントリーホームページより)

関連サイトのリンク

飲料水・ミネラルウォーターの通販おすすめランキング

飲料水・ミネラルウォーターを人気と価格の2つの要素でランキング!毎日更新中!
主に2リットルのペットボトルを扱っています。

烏龍茶の通販おすすめランキング

烏龍茶を人気と価格の2つの要素でランキング!毎日更新中!
主に2リットルのペットボトルを扱っています。

お米の通販おすすめランキング

お米を人気と価格の2つの要素でランキング!毎日更新中!
主に5kgのお米を扱っています。